【パズドラ】緋炎の雲海都市(6階/六階) ノーコン攻略パーティー

  • LINEで送る

緋炎の雲海都市

パズドラの一度きりダンジョンとして登場する緋炎の雲海都市(ひえんのうんかいとし)(6階/六階/6層)【落ちコンなし】の安定ノーコン攻略パーティー(ソロ)をまとめています。

クリア報酬は潜在たまドラ☆マシンキラー!出現モンスター早見表やおすすめのリーダーやスキルもまとめているので、参考にして下さい。

緋炎の雲海都市の攻略まとめ
1階 2階 3階 4階 5階
6階 7階 8階 9階 10階

スポンサーリンク

基本情報と経験値

スタミナ 50
バトル 6
経験値 44,574
ルール 落ちコンなし
報酬 潜在たまドラ☆マシンキラー

出現モンスター早見表

フロア モンスター 特徴
1F 1463ソティス ・HP約154万
・999ターン20万以上ダメージ吸収
2F 1458五天の神秘龍・フォークロア ・HP約753万
・9,079ダメージ
・3ターン覚醒スキル無効
3F 2130義憤の天魔龍・ノブナガ ・HP約万
・8,269ダメージ
・両端2列→火or毒変換
・10ターンロックドロップ目覚め
4F 1841大弯の海龍王・ヴォルスーン ・HP約849万
・HP54%以上根性
・99ターン火、水ドロップ+ロック目覚め
5F 2560ハマル ・HP約2386万
・3ターン自身の属性の弱属性を吸収
・回復ドロップロック
6F 1217神書の管理者・メタトロン ・HP約9500万、防御力2000万
・状態異常無効
・10ターン回復力半減
・999ターン5コンボ以下吸収

安定攻略におすすめのリーダー

リーダー おすすめ理由
3834空都の守護神・アテナ=へリオス
火アテナ
火アテナは火力調整しやすく、ボスの光メタトロン戦で回復キラーが活きるため、緋炎の雲海都市6階の安定攻略におすすめのリーダーです。
火アテナのテンプレ
3193帝都の守護神・アテナ
闇アテナ
闇アテナパも火力調整しやすく、1Fのソティス戦も突破しやすいです。光メタトロン対策として、エンハンス要員は必須。
闇アテナのテンプレ

スポンサーリンク


攻略におすすめのスキル・覚醒スキル

スキル おすすめ理由
エンハンス ボスの光メタトロンのHPが高いため、エンハンススキル持ちがいると、安定して攻略しやすいです。
防御0 光メタトロンの高防御対策として、敵の防御力を0にするスキルもおすすめです。
5Fのハマルが初回行動で毒の海を放ってくるため、最低1体は陣スキル持ちが必要です。
ロック解除 緋炎の雲海都市6階はロック攻撃をしてくる敵が多いです。決戦火力確保用に、ロック解除スキル持ちを連れて行くと安定します。
覚醒スキル おすすめ理由
追加攻撃 4Fに登場するヴォルスーンの根性対策としておすすめです。
ガードブレイク 6Fの白メタトロンの防御力が2000万と硬いため、ガードブレイクの覚醒スキルが有効です。

緋炎の雲海都市(6階/六階)の安定攻略方法

火力調整しやすいパーティーがおすすめ

緋炎の雲海都市6階では、1Fにさよならーでお馴染みのソティスが登場します。20万以上のダメージを吸収してくるため、火力調整しやすいリーダーがおすすめです。

敵の防御力を0にするスキルが有効

ボスとして登場する光メタトロンは、防御力が2000万と非常に高いです。パーティーによっては、貫通を狙うこともできますが、HPが約9,500万と高いため、敵の防御力を0にするスキルが有効です。

エンハンススキル持ちを連れて行こう

光メタトロンは高HP+高防御力な上に、1ターン目までにHP70%以下まで削らないと、即死級ダメージが飛んできます。最低でもHP70%以下までダメージを与えられるように、特に火力が低いパーティーはエンハンス要員を連れていきましょう。

6階/六階の安定ノーコン攻略パーティー(ソロ)

火アテナ&火アテナパ

火アテナパは程よい火力を持ちつつ、ボス戦では回復キラーが刺さるので、火力を出しやすいです。

火アテナのテンプレパーティー(アテナヘリオスパ)

闇アテナ&闇アテナパ

闇アテナパはサブの編成をしっかり考える必要がありそうです。

闇アテナのテンプレパーティー(闇アテナパ)

ヨグソトース&ヨグソトースパ

緋炎の雲海都市6Fのボスは光メタトロン!ヨグソトースパは安定感ありそう。

ヨグソトースのテンプレパーティー(ヨグソトースパ)

ラグドラ&ラグドラパ

光メタトロン対策バッチリのラグドラパ。

ラグドラの最強テンプレパーティー

スポンサーリンク

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ