【パズドラ】レイミルの評価と使い道、潜在覚醒、アシスト(ミルレイ)

  • LINEで送る

3393レイ&ミルスーツ

パズドラのエヴァンゲリオンコラボガチャ(エヴァコラボガチャ)で入手できるレイミル(ミルレイ、レイ&ミルスーツ)の評価と使い道 、おすすめの潜在覚醒スキル、アシスト(スキル継承)を考察してみました。

レイミルはリーダーとして超大当たりキャラ!

※12月26日更新:レイミルのテンプレパーティーを追加

スポンサーリンク

ステータス

3393レイ&ミルスーツ

レア度 コスト タイプ アシスト
★6 30 攻撃/ドラゴン/マシン
HP 攻撃 回復
LV最大 4210 1775 523
+297 5200 2270 820
LS 4属性同時攻撃で攻撃力が3倍、5属性で6倍。回復の5個十字消しでダメージを半減、攻撃力が3倍。
S 光以外のドロップから回復ドロップを7個生成。1ターンの間、ドロップ操作時間を7秒延長。
(15→10ターン)
覚醒 覚醒スキルバインド耐性 覚醒スキルバインド耐性 覚醒スキル操作時間延長 覚醒スキル操作時間延長 覚醒スキル操作時間延長 覚醒スキル:スキルブースト 覚醒スキル封印耐性 覚醒スキル2体攻撃 覚醒スキル2体攻撃

リーダーとしての使い道

最大攻撃力324倍が魅力

リーダースキルは4属性同時攻撃で攻撃力が3倍、5属性で6倍。回復の5個十字消しでダメージを半減、攻撃力が3倍。

レイミルをリーダーとフレンドに配置すると、最大攻撃力324倍、ダメージ75%軽減。

本家ミルと比較すると、最大火力が大きく上昇しているのが魅力です。パズル難易度は高くなりますが、操作時間延長の覚醒スキルを3個持ち、スキル使用により、操作時間を7秒延長できるため、リーダースキル発動をサポートすることができます。

ドロップ欠損対策が必要

レイミルは回復十字消しにより、ダメージを75%軽減できるため、本家ミル同様、殴り合いに強いです。

ただし、回復十字消し+多色パーティーという特性上、ドロップ欠損しやすいのが欠点です。闇カーリーのような6色陣スキルでは、回復ドロップを5個確保できない可能性があります。

また、レイミルのスキルを使うと、ドロップ欠損してしまう可能性があるため、盤面調整がポイントになるリーダーとなりそうですね。

ダメージ吸収に対応しやすい

レイミルは多色消しや回復十字消しによる倍率が細かく設定されているため、ダメージ調整がしやすいです。

本家ミルはダメージ調整が難しいのが欠点でしたが、レイミルはダメージ吸収をしてくる敵に対しても、柔軟に対処することができそうです。

スポンサーリンク


サブとしての使い道

回復十字消しパーティーのサブ

スキルは光以外のドロップから回復ドロップを7個生成。1ターンの間、ドロップ操作時間を7秒延長。

回復ドロップ生成+ドロップ操作時間を延長できるため、回復十字消しパーティーと相性が良いです。ただし、光と回復を同時に作れるモンスターの方が使い勝手は良いため、優先度は低いです。

優秀な覚醒スキル

レイミルは操作時間延長の覚醒スキルを3個持つため、パズル操作時間を必要とするパーティーに起用できます。

また、本家ミルと比べると、2体攻撃の覚醒スキルを2個持つため、2Way中心のパーティーで起用できそうですね。


おすすめの潜在覚醒スキル

潜在覚醒 コメント
操作時間延長 レイミルはパズル難易度の高いリーダースキルとなっているため、潜在覚醒スキルは操作時間延長がおすすめです。
攻撃強化 2体攻撃の覚醒スキルを2個持つため、攻撃強化の潜在覚醒スキルもおすすめです。
スキル遅延耐性 安定してスキルを使用できるように、スキル遅延耐性の潜在覚醒スキルを付けるのも効果的です。

アシスト(スキル継承)のおすすめは?

モンスター コメント
2780ライトニング
ライトニング
ライトニングは6色陣+固定ダメージスキル持ち。回復5個確保できない可能性はありますが、レイミルのリーダースキルと相性が良いです。
3268浄光の天陽神・アテン
アテン
アテンは6属性+お邪魔の陣スキル持ち。お邪魔を回復に変換できるモンスターとセットで使いましょう。

アシスト おすすめの組み合わせは?


レイミルの評価

3393レイ&ミルスーツ

リーダー評価:95点 / サブ評価:75点
※最高評価は100点です

レイミルは本家ミルよりも、最大攻撃力が上昇し、ダメージ調整もしやすくなっています。

その代わり、パズル難易度は相当高いため、使い手を選ぶモンスターになりそうです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村パズドラ人気ランキング   パズドラ人気ブログランキング
このブログの今日の順位は?

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ